頚椎症性脊髄症


 頚椎の椎間板変性、骨棘形成、椎間関節の変性、後縦靱帯や黄色靱帯の肥厚、脊椎不安定性など、脊椎の加齢現象によって頚椎脊柱管に狭小化が生じ、内部の脊髄組織が圧迫されることによって、四肢体幹のしびれ、筋力低下、膀胱直腸障害などの神経症状が発生した病態です。先天性に脊柱管が狭いと病状が発生しやすいです。
 病状として、手足のしびれ、脱力感、手指の巧緻運動障害(ボタンがかけにくい、はしが使えない、字を書きにくいなど)、歩行障害が典型的な症状です。進行すると四肢麻痺はより悪化して、歩行が困難となり、膀胱直腸障害が出現します。
 診断はMRIで脊髄の圧迫、T2強調画像で脊髄内に高輝度信号変化を認めれば容易です。
 治療は、麻痺が進行性であったり、日常生活に支障をきたしたりする場合は手術が必要です。麻痺が軽度の場合でも、MRI上脊髄の圧迫が強く、T2強調画像で脊髄内の高輝度信号変化がある場合は、早期の手術を考慮する必要があります。罹病期間が長かったり、重症度が高くなると、手術成績が落ちる原因となるからです。手術方法は頚椎の後方からアプローチする椎弓形成術、前方からアプローチする前方除圧固定術があります。日本人は、頚椎脊柱管が全般的に狭いことが多いので、後方法が選択されることが多いです。圧迫範囲が狭かったり、後湾変形がある場合は前方法が選択されることもあります。
頚椎症性脊髄症
この病気に対する主な手術
頚椎前方除圧固定術
頚椎脊柱管拡大術(片開き式)
  • 当院での脊椎外科手術の実績
  • 病気一覧
  • 頚椎症性脊髄症
  • 頚椎症性神経根症
  • 後縦靭帯骨化症(OPLL)
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎脊柱管狭窄症
  • 腰椎辷り症
  • 骨粗鬆症性脊椎椎体圧迫骨折後偽関節
  • スペース
  • 手術一覧
  • 腰椎椎間板ヘルニア摘出術
  • 腰椎椎弓形成術(片側進入両側除圧)
  • 片側進入腰椎後方椎体間固定術(TLIF)
  • 頚椎脊柱管拡大術(片開き式)
  • 腰椎後側方固定術
  • 頚椎前方除圧固定術
  • 椎体形成術
  • ナビゲーションシステム
  • 診療実績

コメントは受け付けていません。