頚椎症性神経根症


  脊髄の分枝である神経根が、脊柱管の出口の椎間孔で圧迫を受ける状態です。症状は、上肢のしびれや痛み、筋力の低下です。 特に、頚部を伸展すると症状が悪化します。治療は、通常は保存療法(リハビリ、投薬など)を行います。症状がなかなか取れない場合は手術を行うこともあ ります。
図

この病気に対する主な手術
頚椎脊柱管拡大術(片開き式)
頚椎前方除圧固定術
  • 当院での脊椎外科手術の実績
  • 病気一覧
  • 頚椎症性脊髄症
  • 頚椎症性神経根症
  • 後縦靭帯骨化症(OPLL)
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎脊柱管狭窄症
  • 腰椎辷り症
  • 骨粗鬆症性脊椎椎体圧迫骨折後偽関節
  • スペース
  • 手術一覧
  • 腰椎椎間板ヘルニア摘出術
  • 腰椎椎弓形成術(片側進入両側除圧)
  • 片側進入腰椎後方椎体間固定術(TLIF)
  • 頚椎脊柱管拡大術(片開き式)
  • 腰椎後側方固定術
  • 頚椎前方除圧固定術
  • 椎体形成術
  • ナビゲーションシステム
  • 診療実績

コメントは受け付けていません。