腰椎椎間板ヘルニア


 椎間板は髄核と呼ばれる柔らかい組織とその周辺に線維輪と呼ばれる外層で構成されています。髄核は子供や青壮年ではゼリー状ですが、年齢とともにみずみずしさがなくなってきます。壮年期には椎間板に裂け目が生じて、腰痛を引き起こす事があります。裂け目が椎間板の外側まで広がると椎間板の内容物が押し出され、突出します。これを椎間板ヘルニアと呼びます。突出した椎間板が神経を押さえると下肢に痛みが生じることがあります。馬尾と呼ばれる腰椎版の神経が椎間板ヘルニアで傷つくと排尿の障害が生じることがあります。
図
図
この病気に対する主な手術
腰椎椎間板ヘルニア摘出術
腰椎後側方固定術
片側進入腰椎体間固定術
  • 当院での脊椎外科手術の実績
  • 病気一覧
  • 頚椎症性脊髄症
  • 頚椎症性神経根症
  • 後縦靭帯骨化症(OPLL)
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎脊柱管狭窄症
  • 腰椎辷り症
  • 骨粗鬆症性脊椎椎体圧迫骨折後偽関節
  • スペース
  • 手術一覧
  • 腰椎椎間板ヘルニア摘出術
  • 腰椎椎弓形成術(片側進入両側除圧)
  • 片側進入腰椎後方椎体間固定術(TLIF)
  • 頚椎脊柱管拡大術(片開き式)
  • 腰椎後側方固定術
  • 頚椎前方除圧固定術
  • 椎体形成術
  • ナビゲーションシステム
  • 診療実績

コメントは受け付けていません。