頚椎脊柱管拡大術(片開き式)


手術方法
 頸部の後方に約10~15cmの皮膚切開を行い、頚椎椎弓の外側に溝を作り、片側を観音開き式に拡大し、脊髄を除圧する方法です。
図:頚椎脊柱管拡大術(片開き式) 方法(2)
後療法
 手術の翌日から、頚椎カラーを付けて座位、立位、歩行訓練を始めます。手術後2~3週間で退院の予定です。頚椎カラーは3~4週で除去します。事務作業は約1ヶ月、肉体的作業は2~3ヶ月で可能です。
予想される合併症
1. 深部感染
2. 術後血種
3. 神経損傷
4. C5麻痺
5. 軸性疼痛による肩こり、頸部痛
当院での実績
 当院では322例手術施行しています。現在まで重篤な合併症はありません。軸性疼痛による肩こり、頸部痛は高頻度に残存します。術後C5麻痺5名自然経過で回復しています。
この手術に対する主な病気
頚椎症性脊髄症
後縦靭帯骨化症(OPLL)

 

  • 当院での脊椎外科手術の実績
  • 病気一覧
  • 頚椎症性脊髄症
  • 頚椎症性神経根症
  • 後縦靭帯骨化症(OPLL)
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎脊柱管狭窄症
  • 腰椎辷り症
  • 骨粗鬆症性脊椎椎体圧迫骨折後偽関節
  • スペース
  • 手術一覧
  • 腰椎椎間板ヘルニア摘出術
  • 腰椎椎弓形成術(片側進入両側除圧)
  • 片側進入腰椎後方椎体間固定術(TLIF)
  • 頚椎脊柱管拡大術(片開き式)
  • 腰椎後側方固定術
  • 頚椎前方除圧固定術
  • 椎体形成術
  • ナビゲーションシステム
  • 診療実績

コメントは受け付けていません。