ナビゲーションシステム


手術方法
 当院では、脊椎固定術で椎弓根スクリュウを刺入する際には、ナビゲーションシステムを利用しております。これは、赤外線を利用して、刺入する椎弓根ス クリュウの位置をリアルタイムでモニター上に表示する装置です。
 X線透視を利用する場合に比べて、放射線の被曝が無く、又安全にスクリュウを刺入することができます。
 これまで約70例の症例に、ナビゲーションシステムを移用して椎弓根スクリュウを刺入しますが、誤刺入はありません。

StealthStation(R)TRIA(TM)PLUS/FluoroNav(R)MASTイメージ
手術1 手術2
手術3 手術4
  • 当院での脊椎外科手術の実績
  • 病気一覧
  • 頚椎症性脊髄症
  • 頚椎症性神経根症
  • 後縦靭帯骨化症(OPLL)
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎脊柱管狭窄症
  • 腰椎辷り症
  • 骨粗鬆症性脊椎椎体圧迫骨折後偽関節
  • スペース
  • 手術一覧
  • 腰椎椎間板ヘルニア摘出術
  • 腰椎椎弓形成術(片側進入両側除圧)
  • 片側進入腰椎後方椎体間固定術(TLIF)
  • 頚椎脊柱管拡大術(片開き式)
  • 腰椎後側方固定術
  • 頚椎前方除圧固定術
  • 椎体形成術
  • ナビゲーションシステム
  • 診療実績

コメントは受け付けていません。