頚椎前方除圧固定術


手術方法
 頚部の前側方に約5cmの皮膚切開を行い、顕微鏡下に拡大しながら、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化、骨棘等を切除し、脊髄や神経根の圧迫を取り除く方法です。椎間板や椎体を一部削った部分に、骨盤から一部骨を採取して、移植、固定を行います。移植骨の脱転を防ぐ為に、前方からチタン製のプレートで固定することもあります。
図:頸椎椎間板ヘルニア
図:後縦靱帯骨化症
後療法
 頚椎カラーを装着して、翌日からベット上で起きる訓練を始めます。2日目位から歩行訓練を始めます。約3週位で退院が許可されます。事務作業は1.5ヶ月、重労働は3ヶ月過ぎてから許可されます。
予想される合併症
1. 深部感染
2. 硬膜、神経根損傷
3. 移植骨脱転
4. 術後血種
5. プレート脱転
6. 食道、気管損傷
当院での実績
 当院では、21例手術を行っています。1例術後血種で、血種除去を行って回復した方がおります。
この手術に対する主な病気
頚椎症性脊髄症
頚椎症性神経根症

 

  • 当院での脊椎外科手術の実績
  • 病気一覧
  • 頚椎症性脊髄症
  • 頚椎症性神経根症
  • 後縦靭帯骨化症(OPLL)
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎脊柱管狭窄症
  • 腰椎辷り症
  • 骨粗鬆症性脊椎椎体圧迫骨折後偽関節
  • スペース
  • 手術一覧
  • 腰椎椎間板ヘルニア摘出術
  • 腰椎椎弓形成術(片側進入両側除圧)
  • 片側進入腰椎後方椎体間固定術(TLIF)
  • 頚椎脊柱管拡大術(片開き式)
  • 腰椎後側方固定術
  • 頚椎前方除圧固定術
  • 椎体形成術
  • ナビゲーションシステム
  • 診療実績

コメントは受け付けていません。