腰椎脊柱管狭窄症


 背骨には神経の通り道である脊柱管と呼ばれる孔があります。長い年月の間、体を支え続けていると背骨が変形して脊柱管が狭くなってきます。腰椎部で脊柱管が狭くなった状態を脊柱管と呼びます。
 腰椎脊柱管狭窄症は、50歳代から徐々に増えてきます。脊柱管が狭くなると、その中を走っている神経が圧迫されて、坐骨神経痛と呼ばれる下肢の神経痛やしびれ、麻痺(脱力)が発生します。時には、両下肢のしびれの他に、股間のほてり、排尿後にまだ尿が完全に出し切れない感じ(残尿感)、便秘などの膀胱・直腸症状が発生します。これらの症状は、主に歩行時により惹起されます。そのため腰部脊柱管狭窄症では長距離を続けて歩くことができなくなり、歩行と休息を繰り返す間欠跛行という状態になります。
正常な腰椎 馬尾神経型
外側陥凹型 椎間孔型

この病気に対する主な手術
腰椎椎弓形成術(片側進入両側除圧)
腰椎後側方固定術
片側進入腰椎体間固定術
  • 当院での脊椎外科手術の実績
  • 病気一覧
  • 頚椎症性脊髄症
  • 頚椎症性神経根症
  • 後縦靭帯骨化症(OPLL)
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎脊柱管狭窄症
  • 腰椎辷り症
  • 骨粗鬆症性脊椎椎体圧迫骨折後偽関節
  • スペース
  • 手術一覧
  • 腰椎椎間板ヘルニア摘出術
  • 腰椎椎弓形成術(片側進入両側除圧)
  • 片側進入腰椎後方椎体間固定術(TLIF)
  • 頚椎脊柱管拡大術(片開き式)
  • 腰椎後側方固定術
  • 頚椎前方除圧固定術
  • 椎体形成術
  • ナビゲーションシステム
  • 診療実績

コメントは受け付けていません。